コラーゲン

国内産のすっぽんの良さとは

肉や野菜を購入する時に、産地を確認する人がほとんどです。
魚介類は天然物か養殖物かによって味にはっきり差が出ます。
そもそも値段に差があることが多いので、まるっきり同じ物とは考えにくいですね。
当然すっぽんも同じです。
では、どのような違いがあるのでしょうか。

昔はすっぽんと言えば天然物でしたが、今では天然の物は数が減ってしまい国内産の物は特に高価になってしまっています。
天然物の方が一般的に質が良く、味も良いとされています。
すっぽんの外来種http://www.omanchamber.com/introduced-species.htmlも増えています。
日本ではすっぽんの生息地は水質などの環境を整備してあるので安心です。
ですが、外国ではそうとは限りません。
水が汚染されていても、そこですっぽんが獲れるのであれば構わないということもあります。
なので、安全面は保障されていません。

出回っているほとんどのものは養殖物ですが、国産と外国産に違いはあるのでしょうか。
国産は水質や餌をきちんと管理して、天然物に近づけようとしているので、質も味も高くなっています。
外国産はほとんど中国や台湾のものです。
中国などは農薬や大気汚染など、健康のためには良いイメージはないですよね。
残念ながら質でも国産のものには敵いません。
安全面でも、質でも劣る外国産の物を選ぶメリットはあまりないと言えるでしょう。

サプリメントの場合は国内産をおすすめします。
原料として使われるすっぽん自体の質もなのですが、加工されたサプリメントの場合はさらに気をつけるべき点があります。
国産のものであれば、原料がどんなものであるか、どのくらいの割合で使われているのかなどが信用できます。
ですが、外国で加工されたものはそうではありません。
質の悪いものが使われていたり、使われている量が少なかったりといったことが当たり前のようにあるのです。
ひどい場合では、すっぽんではない違う種類の亀が使われているなんてこともあります。
そういった場合はもちろん国産の物と比べて効果は低くなりますし、安全面でも信用できません。

食べるもので健康のためのものですから、少しでも安全なもの、質の高いものを選びたいですよね。
安全面においても質や効能においても、全てにおいて国内産がベストなので、すっぽんやサプリメントは国産を選ぶのが良いでしょう。