コラーゲン

コラーゲンサプリとは

すっぽんはコラーゲンが豊富と聞きますね。
そもそもコラーゲンとは何なのでしょうか。
コラーゲンというのはタンパク質の一種です。
肌だけでなく骨や軟骨、靭帯など身体の色々な部分にあり、人の場合靭帯のタンパク質のうち3割ほどがコラーゲンです。
ゼリーを作る時に使うゼラチンの主成分や鶏肉や魚を煮た時にできる煮こごりもコラーゲンです。

コラーゲンはドリンクhttp://www.ewatch.jp/dorinnku.htmlやサプリメントなど、食べ物から摂るように勧められています。
ですが、実はコラーゲンは体内で合成することができます。
体内で合成できなければ、ベジタリアンなどのコラーゲンを摂取しない人は、肌だけでなく軟骨や靭帯などの材料がなくなってしまうので、普通の生活ができないですよね。
ではなぜ、食べ物から摂取すると良いと言われているのでしょうか。

体内で合成される高分子コラーゲンhttp://www.horimasa.jp/polymer.htmlは、年齢を重ねることによりどんどん合成される量が減っていきます。
そのピークは20歳くらいで、60代になるとピーク時の75%くらいに減ってしまいます。
よく20歳をお肌の曲がり角といいますが、コラーゲンが減少していくという意味で考えれば一致しています。

加齢によって量が減るだけでなく、質も落ちてしまいます。
質の落ちたコラーゲンは本来の弾力を失い硬くなってしまいます。
変形したり変質したコラーゲンが増えていくと、新しいコラーゲンも作られにくくなります。
そのため、歳をとると肌のハリが失われたりシワが増え、膝などの関節が痛むようになるのです。

コラーゲンの経口摂取の効果は賛否両論です。
分解されてしまうので意味がないという人や、普通のコラーゲンよりも分子量を小さくした低分子コラーゲンであればそのまま吸収されるなど、色々な意見があり詳しくはわかっていません。
ですが、経口摂取に全く意味がないわけではありません。
コラーゲンは分解されてアミノ酸になりますが、そのアミノ酸が原料となりコラーゲンが合成されるのです。
コラーゲンの合成に必要なアミノ酸の中には、体内では作られず食べ物から摂る必要があるものがあるので、コラーゲンを摂ることで体内のコラーゲンが増えるのは間違っていません。
すっぽんなどの良質なコラーゲンを摂ることのできるサプリメントhttp://www.rgttc.org/collagen.htmlは、美肌効果があると言えるでしょう。

すっぽんなどのコラーゲンは科学的にははっきり証明されていませんが、経験的に美肌効果があることが知られています。
コラーゲンのサプリメントもある程度の効果があることは認められていますし、毎日継続して摂ることができるので、お肌の調子が気になる人は飲んでみてはいかがでしょうか。