コラーゲン

日本ではいつから食されてきた?

すっぽんは中華料理としても有名で、その歴史は3000年以上にもなると言われています。
その頃から滋養強壮作用が知られていて、王様への献上品とされるほどのものでした。
漢方薬としても使用され、経験的に美味しいもの、身体に良いものとして扱われていたのです。

では、日本ではどうでしょうか。
実は日本での歴史も深く、縄文時代の貝塚から化石が出土した例があります。
食材として使われていたのかどうかは不明で、占いに使われていたのではないかといわれていますが、使うのは甲羅だけなので、残った肉は食べていたかもしれません。
奈良時代には天皇に献上されたという記録が残っています。
ただ、白いすっぽんだったとの記録があるので、食用だったのか、単に珍しかったから献上されたのかはわかりません。

広く食べられるようになったのは江戸時代です。
最初の頃は今のような高級品ではなかったようで、屋台で提供されていたようです。
江戸時代の屋台といえば握り寿司やそば、天ぷらなど当時では高級ではなく、手軽に食べられるものでした。
今でいう立ち食いそばやハンバーガーなどのイメージが近いかもしれません。
すっぽんが立ち食いそば感覚で食べられたというのだから驚きです。
天然物をただ獲るばかりで数が減るにつれ価値が上がり、江戸時代末期頃から養殖をしようと試みる人々が現れたようです。

料理としてのすっぽんは、やはり中国の歴史が深く、スープや煮物、蒸しものなど色々なメニューがあります。
紀元前の戦場で、戦を前にしてすっぽんのスープを食べたとして、そのレシピが今でも残っているというほどです。
中国や日本だけでなく、フランス料理でもすっぽんは使われていて、スープはトルチェと呼ばれとても美味しいものとされています。
それを習って、日本の皇室のコース料理にもコンソメスープとして出されることがたびたびありました。
テレビドラマのモデルとなった宮内省の主厨長のメニューにも登場し、大正天皇即位の御大礼の際に出された洋風のコース料理のメニューにも載っています。
最初こそ庶民の味でしたが、特別な食材としての歴史も長いのです。

古くから食べられてきたからこそ、現在では養殖技術も良くなり、高級料理だけでなくサプリメントなどの広い利用ができるようになりました。
昔の人が経験的に身体に良いとして食べてきたものは、日本人の身体にも合いやすいので、先人の知恵を受け継いですっぽんを取り入れてみてはいかがでしょうか。